スキンケアのお手入れ

肌構造ターンオーバースキンケアの基本上手な洗顔メイク落とし方ランキング
生理周期

目次 肌構造
スキンケアの仕方
上手な洗顔
からだのしくみ

    
             
肌構造

肌は、外側から順に、表皮、真皮、皮下組織、になっている。

表皮は、厚さが平均0.2ミリのとても薄い膜です。肌の一番外側にあり、外部からの異物の侵入や体の水分の蒸発を防ぐバリアになって、内部を保護しています。

表皮は、角質層(かくしつそう)

      顆粒層(かりゅうそう)

      有棘層(ゆうきょくそう)

      基底層(きていそう)

からなっている。

     角質層は、角質細胞・細胞間脂質からなり

            細胞間脂質を角質細胞で、サンドイッチした構造が、

            何層にもなり作られています。

ライザップライザップ
ターンオーバー

                            ターンオーバー

肌のターンオーバーとは、わかりやすく言うと表皮の新陳代謝している様子を言い表したものです。表皮細胞がっひび誕生し、代謝活動をしながら押し上げられたいき、やがてぺちゃんこの平べったい角質として完成、身体を守るバリ屋として働き、やがて垢となってはあれ落ちていきます。肌は、ターンオーバーを繰り返し健康で美しい状態を保とうと努力しています。ターンオーバーのサイクルは28日周期、表皮細胞が誕生して、垢になって剥がれるまでの標準的な日数。ターンオーバーの乱れにより肌のトラブルが発生する。

老化によりターンオーバーが、長くなる傾向にあることが知られています。

角質層が薄い部分

           カサカサ ガサガサ

          肌が硬くなる

                    しわに発展しやすい

                   大人のニキビ

                   過敏さが増す

                   シミが出やすい

                   赤みや湿疹などのトラブル

                  その他

角質層が厚い部分

                   皮脂や汗が増えべたつきやテカリ

                               毛穴が目立つ

                   毛穴の黒ずみ

                  角栓が出来る

                  その他

スキンケアの仕方

             スキンケアの基本

常生活における肌にダメージを与えるのは、肌の汚れ、乾燥、紫外線。

肌を良い状態に保つには、

           ・洗浄:肌の汚れを落とし

           ・保湿:乾燥から肌を守り、うるおいを保つ

           ・UVカット:紫外線の肌への影響を防ぐ

メイク落とし方

「メイク落とし」は、「クレンジング」とも呼ばれるように、クレンジングをすることにはメイク汚れをはじめとした油性の汚れを落とす意味があります。メイクを落とさずそのままにしていると肌への刺激になり、色素沈着などの肌トラブルを引き起こします。

クレンジングは、メイクをした日には欠かすことのできないお手入れなのです。

化粧品は、多くがくずれにくいよう工夫されています。そのようなものは油性のことが多く、水やお湯だけの洗顔では落としきれません。その油性のメイクを同じ油で浮かせて、洗い流せるようにするのがクレンジング剤です。

油性のメイクを浮かすことができるのは「油」。そして、その油分を水と中和させるのが「界面活性剤」です。クレンジング剤には、この油と界面活性剤が含まれています。界面活性剤は肌に悪いという意見もありますが、メイクを洗い流すためには欠かせない成分です。

問題は使われている量や洗浄力です。なるべく少ないものを選んだほうが肌にはやさしいのですが、最近のメーキャップ化粧品はカバー力、紫外線カット効果、崩れにくさ、密着感、発色の良さなどをウリにした商品が多く、これらの機能が強化されたメイクは、油や界面活性剤を多く含んだクレンジングでないと落とせないものがほとんどです。

自分がしているメイクの成分を踏まえたうえで、できるだけ肌にやさしいクレンジング剤を選ぶようにしたいものです。

                 クレンジングの種類

・ミルクタイプ

肌へのダメージが比較的少なく、やさしい洗浄力が特徴。水分が多いので滑らかなテクスチャのものが多い。

・ジェルタイプ

白濁したもの(乳化タイプ)はクリームタイプに近く肌にやさしめ。透明なものは界面活性剤が多く、肌への負担が大きい。

・クリームタイプ

油分と界面活性剤のバランスがよいものが多く、比較的肌への負担が少ない。

・リキッドタイプ

油分が少なく、界面活性剤の量は多め。

・ウォータータイプ

油分が少なく、界面活性剤の量は多め。コットンで拭き取るため肌への刺激も強い。

・拭きとりタイプ

簡単に拭き取るために界面活性剤を多く含んでいる。拭き取りの摩擦で刺激も強く、シミの原因となることも。

・界面活性剤不使用のもの

純粋なオリーブオイルやホホバオイル、コールドクリーム(天然の油脂に石けんなどを加え乳化させたもの)のこと。界面活性剤を使用していないので肌への負担は少ないが、水で洗い流せないため拭き取りによる刺激に注意が必要。一度では落ち切らないことが多く、手間もかかる。

しっかりメイクの時はオイルタイプ、それ以外はミルクタイプやクリームタイプなど何種類かを使い分けするのもよいでしょう。

クレンジングの後の洗顔不要という商品もありますが、油性と水性の汚れをひとつで落とすことは非常に難しく、それだけ多くの界面活性剤も必要になるため肌への負担は大きいと言えます。避けたほうが無難でしょう。

                  クレンジンの基本

乾燥や肌荒れの原因になるので、すすぎまで約1分以内で終わらせる。

・ポイントメイクを先に落とす

・クレンジング剤は適量を使う

Tゾーンからクレンジング剤を乗せ、力を入れずに行う

 

 

 

洗顔の仕方

                 洗顔のポイント

・肌を傷つけないためにクッション程度になる泡は作る

Tゾーン⇒Uゾーン⇒目元・口元の順で洗う

・古い皮脂や油分の洗い残しがないか、洗顔上がりを指の感触で確かめる

・拭くときはタオルでやさしく水気を吸い取るようにする

                 洗顔料の特徴

・浴用の固形石鹼

昔ながらのシンプルな固形石けんは余分なものを含みません。肌がつっぱり過ぎない適度な洗浄力で余分な皮脂を残さないものを選びましょう。

・洗顔用の固形石鹸

乾燥肌の人には、浴用の固形石けんより洗浄力が弱めで肌がつっぱり過ぎない洗顔用の固形石けんがおすすめです。

・クリームタイプ

肌にやさしいイメージがありますが、しっとりタイプは大量に油分を含むものもあり、その後のスキンケアの妨げになる場合があります。

・リキッドタイプ

クリームタイプと同様に、しっとり系のリキッドタイプの洗顔料は油分が多め。洗浄力は弱めのものが多いようです。

・泡タイプ

強い界面活性剤を含むものや、泡を固めるために発泡剤を多く配合している場合があります。肌への刺激にはばらつきがあり、選ぶのがむずかしいようです。

・パウダータイプ

パウダータイプのなかでも、酵素洗顔料は洗浄力が強めのものもあるので乾燥肌や敏感肌の人は注意。それ以外のものは洗浄力が弱めのものが多いようです。


 
No1






お申し込み公式
No2

お申し込み公式
No3
 


お申し込み公式
免責
記事 カート

   

inserted by FC2 system